まずは「求人クイック検索」で絞り込みを


画像参照元:https://www.dr-10.com/

医師が転職の際に利用できるサイトは数多くあり、その中でもトップクラスの求人数を抱えている医師転職ドットコムですが、常時数万件もの案件を取り扱っていると、それをチェックする医師の方にも負担が生じかねません。
医師ができるだけストレスなくお目当の求人案件と出会えるよう、このサイトではいくつかの検索方法を用意してくれています。

まず利用してみるべきは、クイック検索機能でしょう。
これは非常にシンプルなシステムで、必要最低限の情報を選択するだけで求人を検索できてしまいます。
その必要最低限の情報とは、下記のの3つ。

科目
地域
常勤か非常勤かという“勤務形態

非常にざっくりとした検索方法ではありますが、しかし、最低限の情報で絞り込むことで、できるだけ多くの求人に目を通すことができるという効果も生まれます。

科目は内科系や外科系だけでも20以上に分類されており、それ以外のものも含めると、全部で40ほどの科目から選択が可能。
複数を同時に選択することもできるので、転科を検討している医師にも検索しやすい仕様となっているはずです。

地域は都道府県から選択する形ですが、こちらも複数を同時に選択することができるため、Iターンなども検討している医師でも、積極的に利用することができるでしょう。

  使いやすく充実している検索システム


画像参照元:https://www.dr-10.com/

医師転職ドットコムでは、そのほかにもいくつかの検索方法があり、好みによって使い分けることができるようになっています。
転職先に求める条件等がある程度細かく決められているのであれば、それらを選択したり記入したりして探すことも可能です。

細かい条件として選べる項目

例えば”施設形態”があります。
一般急性期、療養型、クリニック、製薬会社、一般企業などから選択可能なため、医療機関にこだわらない人やメーカーなどに転職したいと考えている医師でも、そうした求人案件を絞り込むことができます。

救急対応なし”や“託児所あり”、“当直なし可”など諸条件から絞り込むことも可能。
そのほか、通勤時間で絞り込んだり、給与(年収)の額で求人案件をさらに限定することもできます。

そのほか、フリーワードを入力して検索することもできれば、多くの医師が検索に利用している人気のキーワードで絞り込みを行うことができたりなど、あらゆる角度からアプローチすることが可能であり、初めてでも使いやすさを実感することができるでしょう。

検索機能はもちろん、サイトの利用料は一切かからないため、転職に興味を持ち出した時点で検索してみてはどうでしょうか。
良い案件があれば転職を真剣に考える、そのような考え方でも問題はありません。
検索することが、転職のために動き出すきっかけにもなるはずです。