当転職サイトで取り扱っている診療科目

医師転職ドットコムは、多くの医師が利用できる転職サイトです。
それは求人数が多いことも関係しているのですが、どのような分野の医師が利用しても求人案件と出会うことができる点が大きな魅力の一つとなっています。

このサイトで医師を募集している科目

内科系では、内科、消化器、循環器、神経、血液など全部で11。
その中には、人工透析やリウマチなど専門領域の分野も多数含まれており、老人内科に限定して検索することも可能です。

外科系も13ほどの科目に分かれており、医師の募集を行っています。
外科、消化器、循環器、心臓血管などをはじめ、脳神経、乳腺、肛門など、こちらも専門領域の科目が充実。
加えて、整形外科や形成外科はもちろん、美容外科医を募集している求人案件もこのサイトでは抱えているのです。

内科系と外科系を除いても、まだまだ募集している科目があります。
眼科や皮膚科、耳鼻咽喉科、精神科や心療内科の求人案件も非常に豊富に揃っていますし、小児科や産科、婦人科、麻酔科や救命救急、そして今後需要が非常に高まってくると言われているペインクリニックや緩和ケアなどの求人も抱え、さらには美容皮膚科や在宅医療、リハビリテーションなど、募集している科目は多岐に渡っています。

  科目と同時にチェックしておきたい仕事内容

診療科目が同じでも、医師の仕事内容が異なることは珍しくありません。
その仕事内容にこだわって転職先の求人を探すのであれば、それも検索の際にしっかりとチェックしておきましょう。

医師転職ドットコムでは、この仕事内容もあらかじめ選別することが可能であり、より詳細な条件から絞り込み検索ができる仕様になっています。

より詳細な条件から絞り込み検索をしてみる

例えば、手術に関しては積極的に行いたい医師と、あまり手を出したくないと考える医師がいるはずです。
オペスキルを向上させるために転職するのであれば、この手術が仕事内容の一つとして含まれていなければ話になりません。
逆に、手術をしなくても問題のない医療機関へと転職することを検討中の医師は、診療科目を選択するとともに“手術”の項目を除き、検索をかけるようにするといいでしょう。

そのような絞り込みを行えば、同じ診療科目であっても、仕事内容が外来及び病棟管理に限定された求人をピックアップすることが可能です。

同じように、読影や検査、救急など、仕事内容を加えたり、逆に外したりできるため、この便利な機能は有効に使いながら、自らの希望にマッチした求人を抽出するようにしてください。

かなり限定しても、豊富な求人数を誇る『医師転職ドットコム』なら、十分な求人数を保ちながら絞り込むことができるはずです。